授乳中の白髪染めは母乳に影響がでるらしい...ってホント?

授乳中の白髪染めは母乳に影響がでるらしい...ってホント? 産後はホルモンバランスが大きく変わるため白髪が増えることが多いです。出産を境に白髪に悩むようになったという人は多いのではないでしょうか?


女性である以上、目立つ白髪はすぐにでも染めて対処したいところですが、母乳で子育てをしている方のなかには「白髪染めの悪い成分が母乳からでてきて、 赤ちゃんに影響してしまうのではないか?」ということを気にしている人もいるのではないかと思います。


結論をいうと白髪染めの成分が母乳に影響することはないです。


むしろ、授乳中の白髪染めで心配すべきは産後のホルモンバランスの影響で頭皮が敏感になっている母体側のほうなんです。


特に市販の白髪染めはジアミン系染料、過酸化水素水、アルカリ剤など頭皮に刺激になる成分をたくさん含有しているので頭皮がピリピリしますし、頭皮のかぶれや腫れなどアレルギー症状を引き起こすこともあります。


そのため授乳中は、無添加の天然成分で髪や頭皮にやさしく白髪染めできるトリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。デリケートになっている頭皮に影響することなく安心して使えますから授乳中の白髪染めにはぴったりです。


白髪染めで地肌ケア!? 「癒して、染める。」白髪染めとは?

授乳中や産後の白髪染めにぴったりのトリートメントタイプの白髪染めの特徴って?

天然植物染料で白髪を染めるから頭皮や体にやさしい!


髪や頭皮を傷めたり、アレルギーの原因になるジアミン系染料、過酸化水素水、アルカリ剤といった化学成分を使わず、天然植物染料で染めるので髪や頭皮にやさしいという特徴があります。


また、当たり前ですが、「白髪染めに配合されている有害物質が頭皮から毛細血管に入り込んで母乳に影響する」ということもまずないので授乳中であっても安心して使えます。


毎日使えるから髪ツヤツヤ&生え際・根本がきれい!


トリートメントタイプの白髪染めを使うメリットは毎日使っても髪や頭皮に負担にならないこと。染め残しや色ムラをすぐに修正できるので自宅染めには本当に最適です。


白髪の量が多い人であれば生え際・髪の根本が染めてもすぐに目立ってくるという悩みがあると思います。それもトリートメントタイプの白髪染めなら3~4日に1度のペースで使えますから、 生え際・髪の根本が目立つことなく、いつもきれいな髪色をキープできるということです。


簡単に毛染めができて美容室へ行く回数も減らせる!


乳児を抱えて美容室へ行くのはなかなか大変です。


トリートメントタイプの白髪染めは、それこそ子供が寝ているちょっとした時間に使えますし、従来の白髪染めに比べれば準備や後片付けが楽です。


内容量が多く、費用対効果が高いものを選べば、髪色を長くきれいにキープできるので美容室での白髪染めを減らせて家計も助かるはずです。


トリートメントタイプの白髪染めは、こんな方にオススメ!

  • 髪や頭皮を傷めてしまう白髪染めはできるだけ使いたくない!
  • 自宅で簡単に染められる白髪染めを探している!
  • 頭皮が敏感肌だから返金保証付きで試せるものがいい!
  • 髪の指通りの悪さ、ハリ・ツヤのなさが最近すごく気になっている!
  • 子供を産んだことをきっかけに毛染めも安全安心を優先するようにしたい!

産後は白髪だけでなく、抜け毛にも悩まされる人が多いので...

産後の白髪対策 授乳中の白髪染めに関する悩みや不安は、トリートメントタイプの白髪染めを使えばほぼ解決できるのではないかと思います。


そんなトリートメントタイプの白髪染めのなかで、授乳中(産後)のお母さん達から最も支持されているのがレフィーネのヘッドスパトリートメントカラーという商品です。


人気の理由はというと、髪や地肌にやさしく白髪をケアできるというのはもちろんですが、ホルモンバランスの影響で、抜け毛が増えてしまったことに対しても地肌ケア効果で対処できるからです。


特に産後の抜け毛は白髪同様に悩んでいる人は多いですよね。


レフィーネのヘッドスパトリートメントカラーは、「白髪」「ダメージヘア」「頭皮ケア(=抜け毛&細毛予防)」という女性の髪の悩みTOP3すべてに対して作用があるという唯一のトリートメントタイプの白髪染めなので、興味をもった方はぜひ公式サイトをチェックしてみてください。


返金保証もあるので気軽に試せると思います。


3つの効果を1本で実感できる理由って?  詳しい情報はコチラ
Copyright © 2010 授乳中の白髪染め(毛染め)の悩みを解決!産後白髪のおすすめ対処法· All Rights Reserved·